東京都世田谷区代沢/駒場皮膚科 Komaba Dermatology Clinic
トップページへ
診療案内
自費診療
院内設備のご紹介
地図・アクセス
リンク
 
駒場皮膚科
〒155-0032
東京都世田谷区代沢1-23-1
Tel.03-5779-1020
Fax.03-5779-1021
【診療時間】
平日 9:30~12:30 15:00~18:30
土曜 9:30~17:00
日曜 9:30~16:00
【休診日】
水曜日・祝日

↓携帯サイトはこちらから

HOME > 自費診療
駒場皮膚科 診療案内
ケミカルピーリング
効果のある症状
ニキビの改善 毛穴の開大 黒ずみの改善 
肌のキメ くすみ シミの改善 アンチエイジング効果等
皮膚の一番表面にある角質が増えると、毛穴を詰まらせてしまいニキビの原因となります。また余分な角質が肌にとどまっていることで、皮膚の代謝が下がってしまい、毛穴開大・黒ずみ、くすみ、シミなどが起こりやすくなります。そのような角質を定期的に取り除くことで、ニキビ予防や美肌効果を期待できるのが、ケミカルピーリングという治療です。
角質が取り除かれた皮膚では新陳代謝(肌の生まれかわりのリズム)が促進されます。新陳代謝は生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚でもっとも高く、年齢とともに下がってしまいます。ケミカルピーリングは、下がり気味の新陳代謝を上げることで、ニキビ予防効果、およびアンチエイジング効果などを発揮します。
施術中に多少ピリピリ感を感じられるかもしれませんが、軽度のピリピリ感は通常の反応ですので、心配いりません。
施術後すぐにお化粧をしてお帰りいただけます。
ケミカルピーリングがお勧めの状態
・シミ(炎症後色素沈着)を薄くしたい
・肝斑が気になる
・そばかすが気になる
・二の腕のブツブツ(毛孔性苔癬)が気になる など 
・にきびを改善・予防したい
・肌のくすみが気になる
・毛穴の開きが気になる
・化粧のりが悪い
・肌のべたつき、てかりが気になる
※実際のお肌の状態によっては、他の治療がお勧めの場合もございます。まず診察を受けていただくことをお勧めいたします。
サリチル酸マクロコールピーリング
◆ケミカルピーリングの新革命
『痛くなく、赤くならず、効果が高い』ピーリングに新革命!
『サリチル酸マクロコールピーリング』とは、サリチル酸(BHA)を、マクロコールという基材に溶かした新しいピーリング剤で、効果が高いのに副作用が起こらない、非常に優れたピーリング剤です。

◆早い効果で手間いらず
治療期間が少ない反面、効果が高いのが特徴です。効果が高い分、一ヶ月に一度程度のゆっくりとしたペースでの治療をお勧めします。
回数が少なく済みますので、日頃お忙しい方にも最適な美肌治療です。
PRICE
サリチル酸マクロコール 8,600円 48,000円(6回分)
 
ケミカルピーリング後のお手入れ
ケミカルピーリング直後のお肌は、いつもより少し敏感になっているため、刺激性のある化粧品類(レチノール入り美容液、高濃度ビタミンC美容液など)や刺激性のある薬品(レチノイン酸、ハイドロキノンなど)の当日のご使用はお避けください。
ケミカルピーリング後のお肌は日焼けしやすく、シミができやすい状態になっているため、日常的に紫外線対策をしっかりされることをお勧め致します。
当クリニックでは、日焼け止め、洗顔料、化粧水、美容液などのサポートケア製品も各種取り揃えております。ケミカルピーリングの効果を保つための日常のホームケアも大切です。またこちらに定期的に通院が難しい方の場合、ホームピーリング剤をご使用いただくことも可能となっております。内容についてはお気軽にスタップまでご相談ください。
超高濃度ビタミンC点滴
〈超高濃度ビタミンC〉メガビタミンC点滴
ビタミンやアミノ酸の効果効能は広く知られていますが、これらは経口や経皮で摂取するには限界があり、血液の中に直接注入する点滴療法が健康・美容先進国アメリカでは今注目されています。ノーベル賞を2度も受賞し、ビタミンの父といわれたライナス・ポーリング博士によって開発された「メガビタミン主義」に基づいています。
その後、様々な研究・過程を経て近年改めてガン治療においても注目されました。

内服では摂取することのできない大量・超高濃度のビタミンCを点滴して体内の血中濃度を急激に上昇させることで飛躍的に効果が期待できる点滴治療です。美肌やアンチエイジングはもちろんのこと、抗アレルギーから抗がん治療にいたるまでさまざま嬉しい効果をもたらします。
※駒場皮膚科では防腐剤の入っていないDae Han New Pharm社製の超高純度ビタミン Cを使用しています。
◆メラニン合成抑制:シミ・肝斑の改善、美白効果
◆コラーゲン合成促進:シワ・たるみの改善
◆抗酸化作用:老化・生活習慣病予防
◆肌の保水力促進:乾燥肌対策
◆抗アレルギー作用:アトピー性皮膚炎の改善
◆皮脂の過剰分泌抑制:ニキビケア
◆免疫機能強化:風邪予防、疲労回復
◆抗ガン作用:ガン予防

※2週間に1回のペースでお通い頂くと効果的です。
   
その他
PRICE
価格
プラセンタ注射(1A) 2,150円
プラセンタ注射(2A) 3,200円
ニンニク注射 2,150円
ビタミン注射 2,150円
6% ハイドロキノンクリーム 5g 1,100円
トレチノインクリーム 0.04% 5g 1,000円
シミ取りクリーム(東大式トレチノイン) 0.2% 5g 9,800円
高濃度ビタミンC点滴 フル1時間 10,800円
ホームケア  イオン導入機用高濃度ビタミンC液10ml 1,200円
ヒアルロン注射 1本(1.0cc) 78,000円
10% ビタミンCローション10ml (容器なし) 1,600円
10% ビタミンCローション10ml (容器あり) 1,300円
10% ビタミンCクリーム 5g 1,500円
プラセンタの美肌作用
美白:
シミの元であるメラニン色素の生成を抑えるとともに、シミ・くすみを取ります。
保湿:
高い保湿力で、長時間しっとりとした肌を維持します。
細胞の増殖再生:
ダメージを受けた細胞を修復し、新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常化し、健康な肌を作ります。
コラーゲンの生成促進:
肌の弾力を決めるコラーゲン生成を支えます。
血行促進:
末梢の決行を促し、冷え性を改善したり健康で美しい肌を作ります。
抗酸化作用:
老化の原因となる活性酸素の発生を抑えたり中和したりします。
抗炎症作用:
ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。
抗アレルギー作用:
免疫システムを調整回復し、アレルギー反応を抑制します。
免疫賦活作用:
免疫力を高め、強く健康な肌を作ります。
アミノ酸の補給:
皮膚細胞のエネルギー代謝を高め、細胞再生の材料を補給します。
ハイドロキノンとは…
イチゴやブルーベリー、コーヒーなどにも含まれる物質で、皮膚を紫外線などによる損傷からまもる作用を持っています。
米国では医薬品としてその美肌効果が認められ、古くから一般的な美白剤として使用されてきました。
日本においても、しみに対する多くの論文が報告されています。
トレチノインとは…
トレチノインは、ビタミンAの一種で、「しみ」や「しわ」などのお肌のトラブルを改善するはたらきがあります。
食物から摂取されるビタミンAよりもはるかに効果的に働くことが知られており、アメリカでは、「しみ」や「しわ」を改善する塗り薬として使用されています。
ビタミンC誘導体とは…
ビタミンCは昔からしみ・そばかすの予防や、風邪の予防によいといわれ、最近ではがんの予防効果まで研究されています。
もちろん美肌効果にもすぐれ、にきびや皮膚の老化を予防するというようなさまざまなはたらきが注目されています。
ところが、このような効果の期待されるビタミンCですが、不安定で肌に浸透しにくいということが弱点でした。
そこでビタミンCの一部をリン酸塩に置き換えて安定化させ、皮膚に入りやすくしたものがビタミンC誘導体です。
肌に浸透した後、肌の中の酵素により結合していたリン酸部分がはずされ、ビタミンCとしてはたらきます。
リン酸部分がビタミンCの安定をよくるすと同時に、肌に入るためのパスポートのような役割をしています。
医療用脱毛レーザーとは…

レーザーで脱毛が出来る理由 レーザー脱毛に使われるレーザーは、黒い物質に反応する性質を持っています。このレーザーを皮膚 に照射すると、毛や毛の周辺組織に含まれるメラニン色素(黒色)に反応し毛の再生組織を破壊しま す。 皮膚にもメラニン色素は含まれていますが、ごく微量のためレーザー光は皮膚を通過します。表皮と 毛のメラニン量の差を利用して毛のメラニンにレーザーを集めます。現在まだ毛の再生のメカニズム が解明されていませんが、いくつかの学説によると毛根周辺・皮脂腺開口部・立毛筋の付け根(バル ジ)のいずれかに再生のメカニズムがあるのではないかといわれています。 医療用脱毛レーザーは3つの組織を破壊し、なおかつ周囲組織のダメージが少ないために、きれいに、 そして確実に脱毛ができるのです。

 

 レーザー脱毛のしくみ



レーザーの仕組みは毛包部分にあると考えられるので、その部分を破壊する必要があります。 上図のように毛包内のメラニンに吸収され、熱エネルギーに変換されます。この時に毛包周辺の発毛 組織をこの熱によって一緒に破壊することができれば、永久脱毛が期待されます。

 

 脱毛治療の回数


残念ながら1回の治療だけでは、全ての毛をする事ができません。 毛には毛周期(ヘアサイクル)があり、成長期、運行気、休止期とおよそ3段階になっています。そ して、レーザー照射前の毛の周期は、全てバラバラなのです。このうち特にレーザーが効くのは成長 期の初期です。発毛にかかわる組織が皮膚の浅い部分にあるため、レーザー光が届きやすいのです。 他の時期では、発毛組織が深いところに潜んでいるためレーザー光が届きにくく効きにくいのです。 だいたい1回の治療では40%~50%ほどしか脱毛できません。そこで毛のサイクルが成長初期に なった頃に再びレーザー光を照射します。間隔としては3~5週間目くらいに再照射するとよいでし ょう。これを数回繰り返すことにより、ほとんどの毛が脱毛になります。個人差はありますが、両脇 の場合3~7回でほとんど気にならなくなります。

 

自費診療の料金
New!光治療スターラックス500 顔全体 29,000円
New!リフトアップ小顔コース   33,000円
シミ1か所 5mmまで 5,400円
シミ1か所 5-7mmまで 8,600円
レーザー脱毛 1回あたり 両脇 9,900円
下腿 29,900円
ひじ下 19,900円
その他 お問い合わせください
PAGE TOP
トップページへ診療案内自費診療院内のご紹介地図・アクセスリンク Copyright © 2010 Komaba Dermatology Clinic All Rights Reserved.